MARKS&WEB choice for your everyday life
【お客様窓口からお知らせ】
9月27日(水)~28日(木)休業について

お客様窓口は、9月27日(水)~28日(木)は社内研修のため休業させていただきます。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒お願い申し上げます。
>>お問い合わせフォームはこちら

9月28日(木)ご注文分の
出荷スケジュールについて

弊社ロジスティクスの棚卸業務に伴い、9月28日(木)にいただくご注文は、通常と異なる出荷スケジュールでお届けします。>>詳細はこちら

9/29(金)リニューアル販売の美容液
お試し1回分プレゼント

9月22日(金)ご注文分から先着で、9/29(金)リニューアル販売の美容液 「ハーバルモイスチャーライザー ラベンダー/カモミール」 1回分をプレゼントします。ぜひお試しください。※数量限定のため無くなり次第終了。

FROM STAFF STAFFのおすすめ

商品開発担当者に聞きました「帆布アイテムができるまで」2017.3.1

商品開発担当者に聞きました「帆布アイテムができるまで」

こんにちは。春はもうすぐそこ。暖かそうな日差しを見ていると、思わず外に出たくなりますね。今回はお出かけのお供にもぴったりの帆布アイテムをご紹介します。

 

帆布とは、綿や麻の細い糸を何本か撚り合わせて平織りした厚手の布のこと。とても丈夫なため、昔から船の「帆」やトラックの「幌」などに使われてきました。古くから親しみのある帆布を使ったマークスアンドウェブのポーチとバッグ。実は生地から縫製のステッチに至るすべてがオリジナルで、細部にまでこだわりが詰まっています。そこで今回は、生地・アイテムの企画開発担当者にこだわりのポイントと苦労話(!)を聞きました。

商品開発担当者に聞きました「帆布アイテムができるまで」

“歴史ある生地を使って、
生活に寄り添い、長く使えるものをつくりたい”

 

帆布アイテムは、そんな思いから生まれました。まず取り組んだのがオリジナル生地の開発。丈夫だけれど、日常的に持ち運びやすい軽さ。カジュアルすぎず、上品ななめらかさ。何よりも、長く使って愛着の湧く風合い。すべてを実現できる生地はないものか・・・。そこで見つけたのが、滋賀県の高島市で織られる「高島帆布」でした。撚糸(糸を撚り合わせること)から一貫して行うのが産地の特長。また高島市で使われる工業用の織機は、密度が高くなめらかな生地を織ることができます。私たちの求める生地ができるかもしれない・・早速試作に取り掛かりました。

商品開発担当者に聞きました「帆布アイテムができるまで」

オリジナルの高島帆布。こだわったのは生地の織り方。

 

生地の表面をよく見ると、糸の凹凸が少なくとてもなめらかです。ここに到達するまでに、糸の番手(※太さを表す単位)や撚り回数、織り密度を細かく調整し、何度も試作を行いました。毎日使い続けてほしいから、妥協したくない。ついには糸の撚り方まで勉強し、「奇数撚りのほうが締まってハリが出るみたい!」など、専門用語が飛び交うまでに。

 

試行錯誤の末、やっと理想の生地に辿りついたときには、なんと1年以上が経過していました・・・!そこまでの情熱を傾けた甲斐もあり、染色・パラフィン加工を施した生地は、丈夫さと軽さ、上品さを兼ね備えた、まさに理想の風合いに仕上がったのです。

商品開発担当者に聞きました「帆布アイテムができるまで」

シンプルだからこそ、思いもよらなかった使い方が見つかる。

 

マークスアンドウェブのアイテムが綺麗に収まるよう、綿密に形とサイズを決めたため相性は抜群。一方で、シンプルだから使い方が広がります。例えば弊社スタッフの場合・・・旅行好きの開発責任者:「生地の厚みを活かし、壊れやすくしっかりと守りたいものを入れています。スクエアポーチはデジカメや充電器入れとして。アロマランプとエッセンシャルオイルを入れて宿泊先に持って行くことも。」子育て真っ最中の商品開発スタッフ:「スクエアポーチLはオムツ入れに、ラウンドバッグに飲み物やタオルなど必需品を詰め、ベビーカーに引っ掛けています。Sサイズは浅型だからさっと取り出せて便利!」など、思い思いの方法で愛用しています。

商品開発担当者に聞きました「帆布アイテムができるまで」

さらに広がる使い方。大切な方への贈り物にも。

 

読書好きなデザイナー:「通勤中に読む本をスクエアポーチLに入れています。大切な本を汚れや傷からしっかり守ってくれて優秀。」インテリアにはこだわるウェブ担当者:「ラウンドバッグにタオルやスリッパを入れて見せる収納に。細かい文房具やメイク用品は、スクエアポーチに入れておけば散らからずすっきり!」帆布を使えば、生活感も出にくく一石二鳥ですね。また、ギフトボックスではなくスクエアポーチにお気に入りのアイテムを詰め、贈り物なんていかがでしょう。丁寧につくられた帆布だから、思いもきっと伝わるはず。ぜひあなたなりの使い方を見つけてみてくださいね。帆布についてもっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ >>PRODUCT IN DETAIL キャンバスへのこだわり

関連商品

©2016MARKS&WEB